アラ還じじいのマイディアライフ

人生は慌てず、焦らず、のんびりと生きましょう!

正伝寺をこの季節に!


スポンサードリンク

今日は、非常に天気が良くて幸せです!私にとって今の季候が最高です。ちょっと汗ばむ方が体質に合っているかもしれません。

月曜日からまた、天候が不順になる関西地方です。ですから、以前から行きたかった京都のお寺巡りは明日には行かなくてはなりません。

目的地は、詳伝寺です。ここはあまり人の横行がないのとひっそりとした佇まいが気に入りました。

ここで簡単に正伝寺の見所を説明しておきます。

なんといっても小堀遠州作の枯山水の庭は特に有名で、背景に比叡山を望むことができます。白砂の上に、獅子の親子のような形のつつじの刈り込みを配し、「獅子の児渡しの庭」と呼ばれていいます。

syoudenji.jpg

昨年の正月に初めて訪れましたが、時期が悪かったのでもう寒くてじっとしているのが辛かったのを覚えています。
ただ、拝観したときは、私と家内の2人だけでしたので、寒いながらも正伝寺を堪能しました。

さて、明日はどうでしょうね。きっと今の季節は、新緑でいっぱいと思われます。本来はつつじが咲いてる時期には行きたかったのですが...........。

その他、私が正伝寺に興味をもったのは狩野山楽作の重要文化財に指定されている襖絵《山水図襖》があることですね。その大胆な画風は今も存在感が漂います。これはもともと家康が1605年に再建した伏見城を飾るために制作されたもの聞きます。

後、最近科学的な分析が行われ、間違いなく人の血であることが証明された伏見の血天井があります。最初は恐る恐る見てみましたが、色が褪せていて怖くもありませんし、だいいち認識するのが大変でした。まあ、この血天井も見所といえば見どころですね。

いずれにせよ明日は、この全てのものに再会できることを楽しみに出かけます。
最後までお付き合い有り難うございました。

tizu.jpg

◆住 所
京都市北区西賀茂北鎮守菴町72
◆連絡先
075-491-3259
◆時間等
休拝観日:年中無休
拝観時間:9時-17時
◆料金等
拝観料:大人400円
◆アクセス:市バス 「 神光院前 」 市バス 「 山ノ前町 」

私の参考書
 ↓
【楽天ブックスなら送料無料】京都名庭(枯山水の庭) [ 横山健蔵 ]