読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラ還じじいのマイディアライフ

人生は慌てず、焦らず、のんびりと生きましょう!

アルゼンチン対スイスに本当のサッカーを見た!


スポンサードリンク

アルゼンチン対スイスは本当に面白い試合でしたね。
開始直後からボールを保持して敵陣に攻め込むが、スイスの堅いガードに手を焼き、好機を持てなかったのです。

エースのメッシも厳しい中に置かれて全くもって仕事をさせてもらえない状態でゲームは進みますが、逆にセットプレーやカウンターから危ないシーンを作られていましたね。

このままだとメッシも駄目かなと思うほどの凄いガードで、メッシもスイス選手を突き飛ばすシーンが見られたほどイライラしていたようです。

しかし、やってくれたのがやはりメッシでしたね。

まあ、相手のデフェンスもまんまとひっかったようにも見えましたが、メッシのお膳立てでディマリアが左足でネットにゴール!

これぞサッカーって感じが伝わってきて興奮しまし、アルゼンチンは苦しみながらもベスト8進出を決めました。

感じたのは、メッシの得点に対しての執念、チームが勝ちたいという執念が、本当に見て取れるような試合は、やはり凄いとしか言いようがありません。

いっちゃ悪い話ですが、日本のサッカーではココまではとうてい無理なような気がします。

ですから、侍ジャパンも歴史を作っていけば良いのでは無いでしょうか。
道のりは大変でしょうが、強い気持を持てば、「成せばなる…….。」ではないでしょうか。そうすれば、勝機も廻ってくるのでは。

いずれにせよ、サッカーはやはり、南米とヨーロッパ勢に軍配が上がります。今回のベスト8も順当な感じもしますね。