読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラ還じじいのマイディアライフ

人生は慌てず、焦らず、のんびりと生きましょう!

京都島原の「角屋」を訪れる


スポンサードリンク

昨日は京都島原の「角屋」へ行ってきましたが、ちょっとしたタイムスリップを味わった感じでした。

ここ角屋は簡単にいえば、そうですね、今のクラブ(飲み屋)みたいな場所で、「遊宴の場」というんですか、酒宴を張り,遊び楽しむ場所だったんです。

sumiya001.jpg

歴代のお偉方や幕末の新撰組の幹部などが毎夜毎夜、宴会した場所で、聞くところによると西郷隆盛桂小五郎坂本龍馬などの人物も訪れた場所だそうです。

まだこのような素晴らしい場所があるのは、やはり京都ならではだと感じながら楽しんできました。楽しんだと言うより、ほとんど感動モノでその場から離れるのが辛かった。

応援、宜しく御願いします!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上 自分らしさへ
にほんブログ村

ところで、毎日とは言いませんが、この歳になってまだまだ知らないことが多いんだな〜なんて感じたのも今回の
揚屋」でしたね。

単純に遊宴の場と書きましたが、この世界にも流儀があったようで、この遊宴の場は、「揚屋」と揚屋に太夫や芸妓を派遣する「置屋」からなる分業制度をとっていたそうですが、初めて知りました。

置屋なんて言葉は、昔から知ってましたが、さすがに揚屋は知りませんでしたね。要は置屋は今でいうホステスさん等の人材派遣センターだったんです。(笑)

その他にも初めて聞くことばが多くてmちょっと戸惑いましたね。参った、参った。私の頭には「曲輪」「遊郭」「置屋」も一緒くたになっていたようです。

とんだ恥っさらしでした。しかし、「揚屋」ということばは初めてだったのと「揚屋」が伝統ある「遊宴の場」であることを知って、良かったと感じます。

まだまだ、話したいことはあるのですが今は、まだ良く理解出来ていません。ちょっと勉強が必要ですね。

「角屋」についてはこちら

応援、宜しく御願いします!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上 自分らしさへ
にほんブログ村