読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラ還じじいのマイディアライフ

人生は慌てず、焦らず、のんびりと生きましょう!

フレディー・ハバードのボディ&ソウルを聴きながら


スポンサードリンク

そろそろ仕事を終えようと考えていますが、ことのほか順調に作業は進みました。これも集中力の成せる技ですね。ありがたや、ありがたや!

効いていたCDが良かったかもしれません。ジャズを聴きながらの作業は苦にならないからです。おまけに学生時代も思い出すことが出来るし、聴いていると何だか懐かしさを感じてしまって心が癒されます。

今日のCDは、私の好きなフレディー・ハバードのボディ&ソウルでした。特に彼の代表作ではありませんが私のお気に入りのひとつです。

jpeg.jpg

それにメンバーが凄く良くて、聴き入って作業がとまるほど。(これは遺憾)なんて感じで仕事やってました。
また、曲もいいんですね。

曲目
1.身も心も
2.カーニヴァルの朝
3.チョコレート・シェイク
4.デディケイテッド・トゥ・ユー
5.クラレンスズ・プレイス
6.アリエス
7.スカイラーク
8.アイ・ガット・イット・バッド
9.サーモ

応援、宜しく御願いします!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上 自分らしさへ
にほんブログ村

すべとは言いませんが、代表的なスタンダード曲が入って聴き応えはありますしメンバーひとりひとりの個性も出ている作品に仕上がっていると感じます。

ちなみに、録音は1963年3月8日、11日、5月2日 NYにて録音。ということでかなり良い音質です。
そして、もっと嬉しいのは、オーケストラをバックにした曲が入っていることです。

なんといってもリーダーのハバードのバラード演奏が美しいアルバムでもあります。まあ、なんといってもこんなすごいメンバーは稀有ですし、聴いて損はないですよ。とかんじます。

ちなみに、TSUTAYAで借りたのでみなさんも、容易に聴くことが出来ます。是非一度視聴してみてください。
取りあえず今日の仕事は、無事終了でした。

あっ!このアルバムの凄いメンバーを紹介しなきゃね!
アルバムタイトル…「ザ・ボディ・アンド・ソウル

パーソネル
リーダー
フレディ・ハバード(tp)
カーティス・フラー(tb)
エリック・ドルフィー(as、fl)
ウェイン・ショーター(ts)&アレンジ・指揮
シダー・ウォルトン(p)
レジー・ワークマン(b)
ルイ・ヘイス(ds) 他
でした!!!

応援、宜しく御願いします!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上 自分らしさへ
にほんブログ村