読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラ還じじいのマイディアライフ

人生は慌てず、焦らず、のんびりと生きましょう!

内装業界での私の本音!


スポンサードリンク

今日は嫌な雨ですが、昨日では無かったようですね。うっかりしていました。さて、今日は昨日頑張ったのでゆっくり過ごせます。スタッフものんびりムードです。

ただ、提出物のチェックが残っていましたので心斎橋に赴きました。

毎日がこんなムードだったらと感じますが、逆に仕事が減ってくると焦ります。人間って本当に勝手な動物です。
仕事が多すぎると愚痴が出て、無ければ無いで、また愚痴が出るものです。

まあ、私の業界では仕事が不規則である時はほとんどの仕事が重なり、全てを受注することは、ある意味不可能です。

商業施設のオープン時期は、だいたいが決まってます。変に時期のオープンはあまり聞いたことがありません。よくまあ、こんな業界で35年間もやってこられたと自信でもびっくりするぐらいです。

運が良かったかもしれません!それと、何にでも一生懸命にやってきたことも相乗したのでしょう。

応援、宜しく御願いします!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上 自分らしさへ
にほんブログ村

こんな私ですが、今後の仕事は全く読めません。なぜならば、図面の外注業者さんが増えたことも影響しているのと、人件費をかなり安くしていることと感じます。

私の経験では、かなり昔の話しになりますが、1日の人件費は25,000~30,000円が相場でした。

当時は設計できる人が少なかったのでしょうね。それと設計者という職業名みたいなものが社会的にもリスペクトされていたからと感じます。

その分、設計者としての責任みたいなものもありましたから。

今ではどうでしょう。

各サブゼネコンの会社のレベルも下がる一方でした。おまけに工事を取るため入札額だけを競い合って来たようで、設計なんて何処行く風という雰囲気が漂ってきました。

今となれば設計業務が誰でも出来る時代になり、設計という業務が軽んじられているように感じます。設計者自体もプライドが無く、クライアントの言うがままになってしまいました。(業界全般)

まあ、時代の流れとうはいえ、ちょっとガッカリですね!

こんなことを考えていても仕方が無いとあきらめてはいますが、今さらどうすることも出来ません。ただ、業界を見守るだけで精一杯だし、今後の課題も必要です。

いつまでこんな仕事を続けるかは分かりませんが、自分の出来る限り頑張ってやろうと、今はそう思っています。
いやいや、愚痴っぽい話しになりましたね。失礼!失礼!

応援、宜しく御願いします!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上 自分らしさへ
にほんブログ村