アラ還じじいのマイディアライフ

人生は慌てず、焦らず、のんびりと生きましょう!

小保方さんはある意味で可哀想!


スポンサードリンク

今朝の産経一面にあの小保方さんおかわいい顔が写ってましたが、久しぶりのその顔には光が全く感じませんでした。

とうとう来たか思いながら、内容を読んでみるとSTAP細胞再現ができず、どうもそれ自他も存在しない可能性高まると書いてありましたが、理研も大変なことになっていると感じます。

まだ最終結果は出ていないようですが、今週内にも結果発表と書いてありますが、きっと我々が想像したとおりになりましたね。

obokata.jpg
浮かない表情で記者会見に臨む理化学研究所小保方晴子氏=4月9日、大阪市北区(松永渉平撮影)
(産経新聞ニュースより)

何ともお粗末な結果となりそうです!

彼女が、最初にマスコミに出て渦中の人となったときマスコミは一斉に彼女を褒めちぎり、「理系女」なんて言葉も生まれました。

それがこの結果です。

応援、宜しく御願いします!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上 自分らしさへ
にほんブログ村

小保方晴子さんには、悪い話ですがある意味マスコミの餌食になったひとりと感じで、私としては心が痛みます。ただ、なんで、出来ないものを出来たなんて嘘をついたのが、どうも納得いかない点です。

きっとそれなりの事情もあって、どうしようもなかったのでしょうが嘘はいけませんね!

もっと早めに、そして勇気を持って正直に話して貰ったら、こんな結果にならなかったと感じます。とても残念なことと共に、私は今のマスコミもどうかしていると感じます。

まあ、私はマスコミの報道はほとんど信じてはいませんがね。以下は、記事内容です。(1218現在/産経新聞より)
 ↓
STAP細胞の有無を確かめる検証実験で理化学研究所の小保方(おぼかた)晴子研究員(31)が細胞を作れず、論文に記載した実験内容を再現できなかったことが17日、分かった。

STAP細胞の存在を主張していた小保方氏が自ら作製できなかったことで、細胞は存在しない可能性が一段と高まった。今週中にも理研が検証実験の結果を発表する。
(産経新聞ニュースより)

応援、宜しく御願いします!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上 自分らしさへ
にほんブログ村