読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラ還じじいのマイディアライフ

人生は慌てず、焦らず、のんびりと生きましょう!

流星ワゴンにはまってます!


スポンサードリンク

今年の初めに見た日曜ドラマ「流星ワゴン」ってしってます>?

ryusei001.jpg

私は、ここ最近ドラマなんて見た記憶がありませんが、昨年から気になっていた作品がのの流星ワゴンっていうドラマです。

私の好きな俳優が出演してるのと、そのストーリーの面白さを何となくよく考えていたのでしょう。(イメージね!)

そんなわけで、1作目を見てみました。

おお!これってひょっとしたら、あのゼメキス監督の「バック・ツー・ザ・フィーチャー」をもじってるの?って感じとても好感が持てたと同時に、ファンタジー性も加味されていると思いました。

今の時点では分かりませんが、この感覚は失礼ながら女性には、ちと理解しがたいのでは無いかとも感じました。(失礼!)

応援、宜しく御願いします!

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上 自分らしさへ
にほんブログ村

というのは、この作品にはどうも「女」って雰囲気が感じないのですね!

もちろん有名な女優さんが作品に花を添えてはいるのですが、私にはどうも違うんですね!

これはまさに会社をリストラされ、嫁からも離婚届を突き付けられた情けない男の苦悩、挫折!そして死のうかと考えていた悲しい男の物語だと感じました!

面白いと感じたのは、そんな男に絡んでくる幽霊二人と死にかけの自分の親父の生き霊です。

この三位一体こそ、物語の大きな要素だと!

もちろん最後まではどのように変化するかもしれませんが、何か期待感は沸々とわき上がってきます。

まあデロリアンには、ほど遠い乗用車(オデッセイ)である「流星ワゴン」に乗って、過去に移動して昔の自分を見つめ、現実に戻ってその生活環境を修正使用とする。

このあたりはこの作品の見どころのひとつ。いやはや今後はどうなるかが楽しみです。

皆さんも興味があれば、是非御覧になって下さい!

というのは、この作品にはどうも「女」って雰囲気が感じないのですね!

もちろん有名な女優さんが作品に花を添えてはいるのですが、私にはどうも違うんですね!

これはまさに会社をリストラされ、嫁からも離婚届を突き付けられた情けない男の苦悩、挫折!そして死のうかと考えていた悲しい男の物語だと感じました!

面白いと感じたのは、そんな男に絡んでくる幽霊二人と死にかけの自分の親父の生き霊です。

この三位一体こそ、物語の大きな要素だと!

もちろん最後まではどのように変化するかもしれませんが、何か期待感は沸々とわき上がってきます。

まあデロリアンには、ほど遠い乗用車(オデッセイ)である「流星ワゴン」に乗って、過去に移動して昔の自分を見つめ、現実に戻ってその生活環境を修正使用とする。

このあたりはこの作品の見どころのひとつ。いやはや今後はどうなるかが楽しみです。

皆さんも興味があれば、是非御覧になって下さい!

というのは、この作品にはどうも「女」って雰囲気が感じないのですね!

もちろん有名な女優さんが作品に花を添えてはいるのですが、私にはどうも違うんですね!

これはまさに会社をリストラされ、嫁からも離婚届を突き付けられた情けない男の苦悩、挫折!そして死のうかと考えていた悲しい男の物語だと感じました!

面白いと感じたのは、そんな男に絡んでくる幽霊二人と死にかけの自分の親父の生き霊です。

この三位一体こそ、物語の大きな要素だと!

もちろん最後まではどのように変化するかもしれませんが、何か期待感は沸々とわき上がってきます。

まあデロリアンには、ほど遠い乗用車(オデッセイ)である「流星ワゴン」に乗って、過去に移動して昔の自分を見つめ、現実に戻ってその生活環境を修正使用とする。

このあたりはこの作品の見どころのひとつ。いやはや今後はどうなるかが楽しみです。

皆さんも興味があれば、是非御覧になって下さい!

重松清さん原作の「流星ワゴン」は、下記から

 ↓

【楽天ブックスならいつでも送料無料】流星ワゴン [ 重松清 ]

応援、宜しく御願いします!

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上 自分らしさへ
にほんブログ村