読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラ還じじいのマイディアライフ

人生は慌てず、焦らず、のんびりと生きましょう!

仕事が為のコミュニケーションとは!

日記・雑感

スポンサードリンク

今日も何となく過ぎていく時間が、遅く流れていてちょっとした怠さて良いですね!何もしないってほんとに、いやある意味幸せかもしれません。

暇だから余計なことを考えるのですが、ちょっと気になるコトと言えば気になります。

それは私の廻りのクライアントを含め、最近の若い人のことです。

今まで35年間仕事をしてきたわけですが、昔は仕事の区切りというか終了したときなどは、打ち上げや食事会などのコミュニケーションを取ってきました。

しかし最近では、仕事相手との交流が希薄になったのか、お互い愛想が無くなったのか知りませんが、そのようなコミュニケーションが無くなってきたように感じます

何だかちょっと寂しく感じますね。

昔の私などは、何事にも終了したときは、お疲れさんをかねて必ずといって接待のための飲み会、食事会をよくしました。

しかし最近では、そのような会がとても少なくなりましたね。私も体調を考えると疲れますが、やはり仕事の区切りは大切にしたいですからね。

本来は、私のスタッフがやってくれればいいのですが、なかなかそうも行かないのが現実ですね。

応援、宜しく御願いします!

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上 自分らしさへ
にほんブログ村

というのは、私の経験上のことですが、仕事というものは決して仕事だけの付き合いではうまく行かないものと感じています。

ぶっちゃけた中での会話が、仕事のすすめをスムースにし、お客とはいいながら、物づくりについての討論も嫌み無く話せます。

それには、会を通してまず相手の性格もそうですが、趣向などを理解しなくてはなりません。

そして相手をしっかり理解することでより良い仕事が出来ると確信しています。

やはり人には人です。機械では無いので痛さやかゆさが手に取るように分かるからです。

もしそうでないと、過去にあった話ですが、たまにとんでもないことで仕事が終了することがあります。

ただ、嫌感が走るだけでした。

ここ最近の人といったら、クライアントも含めどうも私達下請けとの波長が合わないのはきっと、仕事は仕事と割り切っているのかもしれませんね。

別に飲むことでコミュニケートがよくなるとは思いませんが、納得出来る仕事を終えたいが為に私はそうしてきました。

ほんと昔のことが、懐かしくなります。今のクライアントとの交流には、とても残念な気持ちが残ります。

応援、宜しく御願いします!

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上 自分らしさへ
にほんブログ村