読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラ還じじいのマイディアライフ

人生は慌てず、焦らず、のんびりと生きましょう!

緑内障って怖いですよ!


スポンサードリンク

今日、友人と話していたときのことです。

誰もがそうですが、特に我々、設計者って目が一番大切なのは言うまでもありません。目が不自由だと図面は読めない、描けないで死活問題ですからね。

ですから、私は昔から特に目だけは気を遣います。

ちなみに私も3年前から、新聞の字が読みにくくなっていました。が、眼鏡を変えればすむのかと思ってました。やっぱりココが素人考え!

実は白内障だったんです!

すぐに手術をました。なぜなら緑内障への移行が怖かったからって言うのもありました.今でも緑内障のチェックを半年に1度、調べて貰ってます。

話を戻しますが、その友人も最近、目が見えにくいそうで仕事に差し支えるなどと愚痴を聞いていました。目が不自由だと精神的のも良くありません。とにかく仕事中にイライラします。

そんなわけで、とにかく眼医者に行くことを勧めましたが、年を重ねるといろいろなところにガタがきていやですね。ほんと!

白内障からの緑内障になる確率は、かなり高いようです。

応援、宜しく御願いします!

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上 自分らしさへ
にほんブログ村

怖いのは、この緑内障は、成人の中途失明原因のなんと第1位というではないですか!

今こそ皆さんも「緑内障」のことをしっかり理解しておいてください。

さてさて、成人の中途失明原因第1位となっている緑内障とはどんな病気でしょう。簡単に書いておきますので参考にしてください。

緑内障とは

目が正常な機能を保てる「適正な眼圧」というものがありますが、その眼圧が必要以上になると、視神経が障害され、視野が欠けてくる病気です。

一度障害を受けた視神経は、再生することがないため、緑内障は失明する危険を伴う大変怖い病気といわています。

緑内障は、早期発見・早期治療が大切なのですが、初期段階では、自覚症状があまりないのと、片方の目で発症しても、もう一方の目が欠けた視野を補ってくれるため重症になるまで症状を自覚しにくいとされています。

そして、症状が進行してしまってから受診する方が多いようです。私もいま緑内障の疑いがあるかどうかを調べるために、眼圧検査のチェックを行ってます。

実は、緑内障は、40歳以上の17人に1人がかかる身近な病気なのです!! 初期症状はないものの中期になって初めて視野が狭くなったことを自覚される患者さんがほとんどのようです。

症状としては

・昼に視界が暗い

・頭痛がする

・目の奥が痛い

・黒目の周囲の充血

・虹がかかったように見える

・両目で見え方が違う

・吐き気がする

心当たりはありませんか>?

もし、もっと詳しいことを知りたい人は解りやすく詳しいサイトを見つけましたので参考にしてください。

⇒緑内障

応援、宜しく御願いします!

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上 自分らしさへ
にほんブログ村