アラ還じじいのマイディアライフ

人生は慌てず、焦らず、のんびりと生きましょう!

琳派100年記念「琳派イメージ展」へ!


スポンサードリンク

先日、京都国立博物館で開催中の「琳派イメージ展」へ言ってきました。本来は私の京都がはじまる季節なので、京都の寺社を廻るつもりでした。

が、前日の飲み過ぎで家を出るの遅れ、予定を変更して京都国立博物館へ!

rinpa1009.jpg

そこには、改装後の博物館が横びろに広がり、おちついたたたずまいがありました。

琳派100年記念での企画されたこの「琳派イメージ展」。一体どのようなものなのでしょう>?

ここでは、きっと書き尽くせないので、何回かに分けてお知らせしようと考えています。

なんせ、その出展されている数が半端じゃないんですね! 全てを廻るだけでかなり疲れました!

応援、宜しく御願いします!

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上 自分らしさへ
にほんブログ村

さて、最近よく耳にするこの「琳派」って知っていました>?

私はそれほど詳しくはありませんが、ここ数年テレビなどにも取り上げられてたようです。

私の記憶では、琳派というよりもその時代に描かれた「風神雷神画」には以前から興味がありました。

その後に、うるさく「琳派琳派」って聞こえてきたものですから、一度、調べてみない取って感じていました。

もともと京都へはしょっちゅう言っている私ですから、どこかで、この「琳派」の作品は見ていたと感じます。

ただ、今回はその集大成を見たわけですから、とにかく驚きの連続でしたね。

多くの作品が展示される中、とても興味を引いたのが、あの有名な「風神雷神図」が、俵屋宗達作と尾形光琳作を対比して、見比べられる展示方法でした。

rinpa1009-2.jpg

※ちなみに左が俵屋宗達作です。

あまりの人だったので、詳しくは見ることが出来ませんでしたが、模写とはいえ尾方光琳の筆遣いは俵屋宗達を凌ぐものがありましたね。

まだまだ、奥が深そうな「琳派」ですが、この展覧会は再度行く必要があると感じました。

応援、宜しく御願いします!

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上 自分らしさへ
にほんブログ村