読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラ還じじいのマイディアライフ

人生は慌てず、焦らず、のんびりと生きましょう!

「第67回正倉院展」奈良国立博物館

古都・寺社仏閣

スポンサードリンク

今日から正倉院奈良市)の宝物を一般公開する「第67回正倉院展」ですが、今朝のウエイクアップモーニングの中継ではすでに多くの行列が出来ていました。

今日は、残念ながら所用があって行くことは出来ませんが、私的には見たい展示物が沢山あります。

biton.jpg

※購読している産經新聞より

中でも、あの「紫檀木画槽琵琶(したんもくがそうのびわ)」はこの目で見てみたいですね!

何故かあの文様というか、柄が気になるのです。(以前から気にはなっていました)

というのも、フランスの有名なバッグメーカー「ルイ・ヴィトン」のモノグラム柄にうり二つなのですね!

これってミステリーでは!

応援、宜しく御願いします!

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上 自分らしさへ
にほんブログ村

ひょっとしたら以前、世間を騒がせていた東京オリンピックのエンブレムと同じように!って。

模倣なのか、それとも全くのオリジナルなのかってことです。

というのも、このルイ・ヴィトンモノグラム柄と呼ばれるデザインは、19世紀のヨーロッパで「ジャポニズム」が源流で大流行していたという記述があるんです。

そして、日本の家紋をヒントにインスピレーションを受けてデザイナーが構成したとも書かれています。

当時の日本では、このように複数の家紋を互い違いに並べるレイアウト(モノグラム柄)は考えられないし、

武家社会でのこの表現は各「お家」に対して失礼ともとれます。(私感)

だって家紋はその家に所属する大切な証ですから、考えられないレイアウトです。

ということはルイ・ヴィトンのオリジナル何でしょうか>?

また、色合いもよく似てるところも気になるところですが・・・。ますます、ミステリーは広がりますね!

となると、やっぱり模倣っていう線ももなきにしもあらずってことですね!

まあ、興味のある方は、自前のルイ・ヴィトンを持って確かめにいっては如何でしょう。

でも、ロマンを感じるのと日本の技術はやはり世界に通用することを感じます。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

奈良国立博物館・「第67回正倉院展

会 期 平成27年10月24日(土)~11月9日(月) 全17日

会 場 奈良国立博物館 東新館・西新館

休館日 会期中無休

開館時間 午前9時~午後6時

※金曜日、土曜日、日曜日、祝日(10月24日~25日、10月30~11月1日、3日、6日~8日)は午後7時まで

※入館は閉館の30分前まで

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

応援、宜しく御願いします!

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代以上 自分らしさへ
にほんブログ村