アラ還じじいのマイディアライフ

人生は慌てず、焦らず、のんびりと生きましょう!

思いもよらない値引きは、気がめげますね!


スポンサードリンク

帰り間際に、ちょっと嫌感が走ったことは、なんと値引きの話し!

しょげてますね、私は。

pug-1209129_1280_2.jpg

もちろん、この仕事も長くやっているので、見積に対する値引きなんてしょっちゅうありました。

が、やはり痛い! 気がめげる!

もちろん、相手の立場も気持ちもわかるだけに、気が重い!

この業界は、段取りしだいで、大損したりしますが、決して大もうけは無いようです。

内装屋が大儲けしたのは、万博当時だけのようです。

応援、宜しく御願いします!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村

それでは、なぜ値引きをするのでしょう。

受注した物件に、儲けが無いか、かなり赤字かってことです。

だったら、なぜ赤字になるか?ってことを、私のクライアントは考えなければなりませんね。

今回、私には非が無いのですが、協力値引きとして10万円近くリクエストされました。

総売上げの、10%ですよ。

これは、無いっすよね。 

私は、これまで外部さんへの支払いでそんな惨いことはした記憶がありません。

過去、40年近く外部さんとの付き合いは、とても大切なものです。

微々たる値引きお願いしましたが、これほどの値引きはしたことがありません。
(大変でしたけど!)

もう、死活問題ですよ!

そして、そんなことをすると次からは、仕事をしてもらえません。

ということは、積み重ねてきた実績や信用が、あっという間に消え去るんです。

今回も、相手の立場も重々理解してるので、無碍に断らず時間を貰って、収支を考えてからの答えとしました。

が、きつい!!!!

結局、何が悪いかというと・・・・・・。

◆クライアントが、予算の無い仕事を受注すること!

◆段取りが悪くて、無駄な追加工事を請けてします。

◆クライアントの元請けが、下請けいじめをする。

◆元図面の貧弱さ!

以上が、全てとはいいません。

が、この仕事(図面)は、自分が一生懸命にしていても「火の粉」のようなものがどこからか舞い込んで来るのです。

私としては、弱い立場です。

やっぱり下請けって大変ですね!

もっと、厳しいのは同業者のサラリーマン諸君です。

これ納得!!

もういい加減に、この歳ですからまともな仕事がしたい!

年金受給まで頑張ろう。

応援、宜しく御願いします!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村