読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラ還じじいのマイディアライフ

人生は慌てず、焦らず、のんびりと生きましょう!

レディー・ガガ、中国から締め出しってどうよ!

困った隣国

スポンサードリンク

今日は夏日で疲れまが、しかし、老体むち打って頑張って仕事をするおっさん、いやじじいです。

先日こんな話がありました。

IMG_0997.jpg
※購読中の産経新聞からスキャン

レディー・ガガが、アメリカでチベットのダライ・ラマ14と人権問題について意見交換したらしいのです。

その様子を、ガガさんがフェイスブックに投稿しちゃったんですね。

これで、あの中国が憤慨したという話です。

お馬鹿な国ですね!

応援、宜しく御願いします!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村

やはり中国国民の民主化が怖いのでしょうかね!(まあ、そのうち民主化だw)

彼ら二人は、人権問題と言っても、「人に対する思いやり。」って話が中心だったらしのです。

が、ダライ・ラマ14世は、イスラム国のテロ分子に等しい人物なんて、誹謗中傷がこれまた酷いのです。

彼らの話が、どこまで真相に近づいたかは不明ですが、私はやはり中国という国が嫌い、いや大嫌いです。

孔子の精神はどこへ行ったのやら〜〜。

これで、ガガさんは、中国から閉め出しを食らうでしょうね!

人の家を土足であつかましく入ってきて、ここは俺の家だって言う、人種ですからきっと何でもあり万でしょう。

しかし、中国の民主化は着々と進んでいるようです。

今後、中国が何時崩壊するかが、私の楽しみなんですが、皆さんは如何お考えでしょう。

あの素晴らしい文化を持っていた中国は、一体どうしたんでしょうね。

中国史を深く愛した私だけにとても残念ですが、これも仕方の無いことです。

そしてこんな話もありました。

昨年秋のことです。

ボンジョヴィさんが、コンサートで使用したイメージが、何故かダライ・ラマさんだったのです。

すると突然、キャンセルされた。なんてね!

彼らは、ほんと徹底していますね!

チベットは、高度な時事を求めていているだけで、決して独立運動なんかしていないのに、ここまで嫌われ者扱いだと、なんだか悲しい気もしますね。

同じ人間なのに!

応援、宜しく御願いします!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村