アラ還じじいのマイディアライフ

人生は慌てず、焦らず、のんびりと生きましょう!

秋が近づくと聴きたくなる曲はこれ!


スポンサードリンク


Frank Sinatra - Autumn in New York


夏が去って秋が近づくと、毎年のようにこの曲を聞きたくなります。

若かりし頃は、なんと言っても「枯葉」で、特にMilesのでした。

が、還暦を越したあたりから、この「オータム・イン・ニューヨーク」をよく聴くようになりました。

哀愁を感じるこのメロディーを聴いていると、永い人生の一コマ、一コマを思い出すことがよくあります。

そして、なんとなくある種の気だるさを感じつつ、昔を思い出します。

今回、ご紹介しているのは、たまたまフランク・シナトラでのもので、これはこれで素晴らしいのですが、秋と言えば女性ボーカルが相応しいと感じます。

応援、宜しく御願いします!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

私のベストアルバムでもある、ジョー・スタフォードが歌う「オータム・イン・ニューヨーク」は最高です。

どこか古めかしい気もしますが、その憂い帯びた歌声は、何か懐かしさ感じ、まったりとした気分になります。


このアルバムに収録されている全ての曲をあげてみましたが、どれをとっても懐かしの名曲揃いです。持っていても不思議ではない名盤だと感じています。

1. "Autumn in New York" (Vernon Duke) - 2:39
2. "Smoke Gets in Your Eyes" (Jerome Kern, Otto Harbach) - 2:46
3. "Haunted Heart" (Arthur Schwartz, Howard Dietz) - 2:44
4. "If I Loved You" (Richard Rodgers, Oscar Hammerstein II) - 2:57
5. "In the Still of the Night" (Cole Porter) - 2:40
6. "Some Enchanted Evening" (Rodgers, Hammerstein) - 3:12
7. "Just One of Those Things" (Porter) - 2:40
8. "Almost Like Being in Love" (Frederick Loewe, Alan Jay Lerner) - 2:57
9. "Make Believe" (Kern, Hammerstein) - 2:27
10. "Through the Years" (Vincent Youmans, Edward Heyman) - 2:39
11. "The Best Things in Life Are Free" (Buddy DeSylva, Ray Henderson, Lew Brown) - 2:24
12. "Sometimes I'm Happy" (Youmans, Irving Caesar) - 3:10

私のお気に入りは、「オータム・イン・ニューヨーク」ですが、その他、2. Smoke Gets in Your Eyes、4. If I Loved Youです。

You Tubeでも、彼女の「オータム・イン・ニューヨーク」を探してみたのですが見当たらず残念でした。

まあ、今回はシナトラさんで我慢していただいて、本チャンはCDを探してみてください!

きっと納得する名盤だと自身を持っております。

それでは、みなさんこの名盤で秋の夜長を楽しんでください。

応援、宜しく御願いします!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村

人気ブログランキング